スカイマークはLCCなのか

スカイマークという航空会社をご存知でしょうか。
使ったことがあるという人も多いでしょう。
では、スカイマークは格安でおなじみのLCCだと思う方はどれくらいいるでしょうか。

日本初LCC!?

そもそもLCCとは格安航空会社の事です。
この言葉だけ見た場合、スカイマークはLCCであると言えるでしょう。
中にはスカイマークを日本初のLCCという人もいます。逆にLCCではないという人もいます。

ですが、LCCには明確な基準があるわけではなく、わが社はLCCだと明言した場合にLCCであると言えるとみていいでしょう。
ではスカイマークはどうなのかというと、LCCではないという発言があったのだそうです。
つまりスカイマークはLCCではないのです。

LCCとスカイマークの違い

ですが、スカイマークはLCC並みに安いですよね。
そのためLCCだと言われるのですが、違う部分もあるわけです。
だからLCCではないという人がいるんですね。

スカイマークとLCCの決定的な違いはサービスです。
例えば、空港で大きい荷物は預けますよね。LCCの場合これが有料です。
ですがスカイマークは10kgまでは無料で預けることが出来ます。

機内での毛布の貸し出しも、LCCは行わないか有料で貸し出しになりますが、スカイマークは無料です。
LCCはサービスを簡素にすることで、安さを保っていますから、最低限のサービスしかないのです。
それに比べて、スカイマークはLCCと呼ぶにはサービスが過剰であると言えるでしょう。

ただし、座席の広さはスカイマークはLCC並みになっています。

安ければいいのではないか

スカイマークとLCCの違いを並べてみましたが、サービスがしっかりしていて安いのであればいいのではないかと思う人もいるでしょう。
それはごもっともだと思います。
ですから、軽い知識として頭の隅にでも置いていていただけたら嬉しいです。

関連する記事