スカイマークを利用するうえで注意すること

国内線の中で上位の安さを誇るスカイマークを、利用したことがある人も多いのではないでしょうか。
安いから使ってみたいという人もいるでしょう。そこで今回はスカイマークを利用するうえで気を付けておくことをご紹介します。

遅延が発生しやすい

スカイマークの最大の懸念事項は、遅延が発生しやすいということです。
少し古いデータにはなりますが、レガシーキャリアとLCCを合わせた11社の中で、定時運行ランキングが下から2番目の約84%なんです。
そのため、遅延を考慮に入れた行動をすることが大事になります。

特にスカイマークの場合LCCのように、遅延が発生して宿泊の必要性が出てきたからと言って、その手配をしてくれるわけではないですから、覚えておくようにしましょう。
どうしても遅れてはいけない用事がある場合には、使わない方が良いかもしれません。

預け手荷物はLCCと違う

多くのLCCでは預けて荷物は有料ですが、スカイマークの場合には20kgまで無料になっています。
手荷物を預けられるのは出発の20分前までですから、早めに言って預けるようにしてください。
チェックイン時間も同様の20分前までです。

コンセントの使用は可

仕事で使う場合などにはコンセントの有無は気になるところですよね。
スカイマークでは、コンセントを利用することが出来ます。
そのため、スマートフォンやタブレット、パソコンの充電が出来ますので、利用したい方は覚えておいて損はないでしょう。

サービスの良いLCC

スカイマークのイメージはサービスの良いLCCといったところでしょうか。
座席の広さは変わりませんが、普通LCCではやっていないサービスがついています。
ただし遅延発生率が高いため、利用の際にはくれぐれも注意してください。

関連する記事