スカイマークの遅延への対応はどうなっているの?

飛行機を予約していたけど、遅延が発生してしまい、その日のうちには出発できなかったから、航空会社がホテルの手配や宿泊費を負担してくれたという体験をした人もいるでしょう。
ではスカイマークは遅延した時にどんな補償があるのかを見てみましょう。

本来遅延が発生しても補償する義務はない

レガシーキャリアの場合、冒頭に書いたような補償をしてくれることも多いではないでしょうか。
遅延は会社側の責任だから当然と思う人もいるかもしれませんが、実際は義務ではないです。
サービスの一環になりますから、LCCなどではそこまで手厚く補償してくれないでしょう。

話は戻りますが、どれだけ遅れようが目的地に着けば、会社側からの補償義務は発生しません。
その理由としては、航空会社と旅客の契約が「出発する空港から到着する空港まで運ぶ」だからです。
気になる方は、予約をしたときに確認してみたらいいでしょう。

スカイマークの対応

スカイマークでは予定を60分以上過ぎた場合に補償対象になります。
対応の内容は、同一区間の別の便への振り替えか、払い戻しです。
別の便に変える場合には30日以内への便、払い戻しの場合には10日後までになりますから、気を付けておいてください。

振り替えて翌日になった場合に、宿泊場所を手配してくれることはないようです。
帰るための交通費も出ません。
前述した通りその義務はありませんし、LCCでは珍しい事でもないです。

時間に余裕がある場合に使うことが無難

特にスカイマークは、日本の中では遅延が発生しやすい航空会社になります。
大事な用事などで、時間に余裕がない場合には、安いからと言って利用することはしない方が良いでしょう。
逆に安ければ遅延しても気にしない、くらいの余裕があればどんどん利用してください。

関連する記事