スカイマークの搭乗手続きと支払方法の関係

スカイマークで航空券を予約して、支払いまで終えてあとは当日を待つばかり。
ですが、当日何をカウンターにもっていけばいいのかの確認は、ちゃんとできているでしょうか。
今回は支払方法により異なる手続き方法をまとめていきます。

クレジットカードで購入した場合

クレジットカードの場合には、利用したクレジットカードを「名義本人」がカウンターに提示する必要があります。
本人認証サービスを利用した場合には、空港カウンターで公的に文章名称が必要になりますので、準備をしておいてください。
公的身分証明書の例としては、運転免許証、パスポート、健康保険証、住民票、年金手帳に、学生証などが挙げられます。

その他の証明書については、ホームページにて確認してください。

コンビニエンスストアで購入した場合

発行してもらった「お客様控え(領収書)」を空港カウンターに提示します。
もしも控えを失くしてしまった場合には、予約センターに電話をすることで必要な手続きが出来ますので、まずは電話してみてください。

代理店や空港カウンターで購入した場合

代理店または空港で現金払いをした場合には、「航空引換証」を受け取っているはずですから、それをカウンターへ提示します。
忘れたり、紛失したりした場合には、カウンターに申し出ることで登場可能になるかもしれません。その際には本人確認が出来るものと電話番号を準備しておきましょう。

空港でクレジットカードを使った場合には、利用したクレジットカードを名義本人が提示する必要があります。

失くしたらとにかく連絡する

気を付けていても失くすときには失くしてしまうものが引換証ですよね。
その時には、慌てずにないことを確認してから、連絡してみましょう。
本人の確認が出来れば何とかなる場合も多いようです。

関連する記事