なぜスカイマークは安いのか

似たような商品を並べて、その値段が違えばなぜ値段が違うのだろうかと考えないでしょうか。
当然安い方が良いという人もいるかもしれませんが、安い理由がわからないと不安な人もいるでしょう。
商品だけじゃなくて、例えば航空券とかも気になりませんか。

そこで今回はスカイマークがなぜ安い値段で飛行機を飛ばしているのか、その理由を考えてみましょう。

過剰なサービスをしていないから

一番の理由はこれになると思います。ANAやJALといったレガシーキャリアに比べて、スカイマークはサービスが悪いと言えるのかもしれません。
しかし、悪いというよりもレガシーキャリアが良すぎるということでしょう。
例えば機内食などは、スカイマークは有料ですし、メンテナンスなどもレガシーキャリアレベルにはやっていないそうです。

しかしレガシーキャリアの場合は、やはり国の基準よりもはるかに高いレベルのメンテナンスをしているだけで、スカイマークが悪いというわけではありません。
こういった「過剰」を失くしたからこそ安いのです。

理由は理念

レガシーキャリアとスカイマークは要するに違う路線で運営をしています。
理念が全然違うのです。
一纏めにしていいかわかりませんが、レガシーキャリアはお客に対するサービスを重視しています。フライトをより快適にしていこうとしているわけですね。

逆にスカイマークは適正な運賃を提供することを謳っています。
飛行機の値段はANAやJALが以前にサービスでもって差別化を図ろうとしていたので、徐々に高くなっていただけなのだそうです。

適正価格である

スカイマークは訳ありで安いわけではなくて、適正価格だから安いということです。
ですから、安全性には全く問題がないことを覚えておいてください。

関連する記事